COLUMN HAIR

絶壁を補正するにはショートヘアが最適!3つの理由を骨格補正のプロが解説!

後頭部がペタンとした“絶壁”が気になるあなたは「キレイな頭に見せたい」と思っていませんか?

実はショートヘアは“絶壁”を補正して頭をキレイに見せてくれる素敵なヘアスタイルなんです。

この記事では【骨格補正のプロ美容師】である石坂ゆうとが、なぜ絶壁を補正できるのか、3つの理由を詳しく説明していきます!

あなたが実際にショートヘアに「してみよう!」となった時のために、オーダーの方法や大切なポイント、オススメのヘアスタイルも紹介してるのでぜひご覧ください!

 

絶壁を補正できる3つの理由

絶壁を補正できる理由

日本やアジアの人に多い絶壁とは頭の後ろ側(後頭部)が横から見たときに平らになっている状態。

逆に欧米の人に多い後頭部に丸みがある方が、顔が立体的に見えて横顔がキレイに見えます。

なので絶壁で悩んでいる方は、後頭部を丸いシルエットに補正して“絶壁頭”ではないキレイな頭に見せる必要があります。

ではなぜショートヘアが絶壁を補正するのに最適なのでしょうか?

 

カットで理想のフォルムを作れる

実際に頭の骨を削るわけではありません、、笑

ですが、ヘアスタイルのシルエットは髪を切ることで自在に操ることができます。

例えば頭の骨が出っ張っているところは髪を短くしてコンパクトにしたり、頭の骨が窪んで凹んでいる部分は長さを残して形をキレイに見せたりします。

特にショートヘアの場合、カットでのシルエットコントロールがしやすいので絶壁を補正することができます。

 

ボリュームが出やすくなる

絶壁は後頭部がぺたっと平らになると気になってしまうので、いかに後頭部にボリュームを出して補正するかがポイント。

ショートヘアは全体的に髪がふわっとしやすく、ボリュームを出しやすくなるので絶壁頭を補正しやすくなります。

 

簡単に自宅でセットができる

ショートヘアの特徴はなんといっても手入れが簡単。

特にドライヤーの時間はロングやミディアムに比べると半分が3分の1になります。

同じように朝のスタイリング時間も3分で終わるようになり、

自分で扱えるショートヘアにすることで“絶壁”が気にならない毎日になります。

 

絶壁を補正する実例を紹介!

トップがふんわりするショートボブに

【お客様実例】絶壁補正1

トップか後頭部にかけてふんわりとボリュームが出るようにカットしたショートボブ。

えりあしをコンパクトにすることで元の髪質を活かしてキレイな後頭部に見えるように。

立体的なカットをしているのでハンドブローでパッと乾かすだけで簡単にスタイリングができるので、ブローが苦手な方にもおすすめです。

 

横顔がキレイなハンサムショート

【お客様実例】絶壁補正2

全体のな長さは1センチ程度しかカットしてないですがえりあし周りをキレイに整えることで後頭部がキレイに見えます。

えりあしは伸びるのが早い傾向があるのでキュッと短めにすると2〜3ヶ月はキレイな状態を保てるはず。

首回りをコンパクトに見せるだけで絶壁は補正できます!

 

絶壁を補正するためのたった2つのポイント

大切な2つのポイント

ショートヘアにすれば必ず絶壁頭を補正できるわけではありません。

では絶壁を補正するための大事なポイントを2つ説明します。

 

後頭部にボリュームを持たせる

後頭部のボリュームが大切

まずは丸みを感じる後頭部に見せるのが大切で、髪のボリュームがふわっと出るようなカットが必須。

ぺたっとしてしまうと平らな後頭部がそのまま形に現れてしまうので、絶壁補正にはなりません。

特にカットで髪の長さをある程度残してふんわり出来ればキレイな丸みが出て頭の形を補正できます。

 

襟足はコンパクトに

えりあしはコンパクトに

対照的に襟足はコンパクトになっている方がいいです。

コンパクトというのは

  • キュッとしまっている
  • 短め
  • メリハリがある

このような襟足を言います。

襟足がコンパクトになっているとメリハリがついて自然と後頭部に丸みが出て見える効果が。

そうすると横から見たときにキレイな“くびれ”が出来るのでより絶壁を補正したショートヘアになります。

 

絶壁を補正しやすい最適な長さ!【ショートヘア編】

ショートヘアにも様々な種類がありますがここでは“絶壁”を補正するベストな長さにフォーカスして紹介します。

長すぎると悩みを解決しにくいので、サイドや顔周りを参考にして長さの基準にしています。

 

顎ラインを隠す長さで絶壁補正!

アゴラインの長さ

一般的な「ショートボブ」と言われる長さ。

この長さだと後ろから前下がりバランスにすることで絶壁をキレイに補正してくれます。

顔周りを髪が包むので“エラ張りさん”や“ベース顔”さんにも相性がいい長さです。

 

耳たぶが少し見える長さで絶壁補正!

耳たぶが少し見える長さ

「もっと短いショートボブがいい!」そんな方には耳たぶが少し見える長さがオススメ!

この長さは後頭部のボリューム(ウエイト)をコントロールしやすく、絶壁を補正するには1番最適な長さになります。

これより短くしたい場合にはショートヘアになっていくので注意が必要。

前髪を作っても似合いやすく“面長さん”や“ハチ張り”さんにもオススメの長さ。

 

絶壁を補正するショートヘアのオーダー3step

オーダーのやり方

では実際にサロンで絶壁を補正するオーダー方法について説明いたします。

これができていないと「あれ、、なんか違うな、、?」となる可能性も。

失敗しないためにもぜひ参考にしてください!!

 

step1. 「絶壁」だと悩みを伝えよう!

1番大切なのは絶壁頭が「悩み」だということを担当の美容師さんに伝えましょう!

美容師も数多くのお客様を担当してきたのであなたよりもっと絶壁頭で悩んでいた方がいたかもしれません。

美容師も人間ですので言葉で悩みを伝えないとカウンセリングがどこかでずれてしまいます。

その悩みを汲み取った上であなたの絶壁頭を補正するのに適したヘアスタイルにしてくれるはずです。

 

step2. ヘアスタイルの参考写真を見せる

出来れば写真があった方が美容師さんとカウンセリングがスムーズに行くはず。

「これは私に似合わない」なんて思わず、2、3点気になるヘアスタイルがあれば用意しておくと良いです。

その中から“絶壁頭”が悩みのあなたに似合うヘアスタイルを提案してくれるはずです。

 

step3. 普段のお手入れ方法も伝えよう!

そして普段のお手入れの方法も伝えましょう!

  • 朝のスタイリング時間
  • 普段使うセット剤
  • ドライヤーの際にはブラシを使うのかどうか

など日々のお手入れ方法でも提案するヘアスタイルは少し変わるので、自分で扱えるヘアスタイルにカットしてもらいましょう!

カット後にこれからのセット方法も聞いておくとさらにOK

 

【髪質別】絶壁を補正するときのポイント

絶壁だけが悩みの方は少ないはず。

ショートボブにするときに髪質にも注意しなければなりません!

ここでは髪質別の注意点と対策ポイントをお伝えいたします。

 

絶壁補正×多毛

アゴラインの長さで広がりにくく

ポイント

  • あまり短くなりすぎないように
  • 長さはアゴラインがオススメ

絶壁×多毛さんはショートボブにする際は髪が広がって予想よりも短く見えてしまうケースがあるので注意が必要。

短くしすぎると横に広がって丸く幼く見えてしまうので「長さ」に気をつけてショートボブにしましょう!

注意点

  • 髪が広がって見える
  • 量の減らしすぎも危険

 

絶壁補正×細毛

えりあしは短めがおすすめ

絶壁補正×細毛の方はペタンと見えやすく絶壁の形が見えやすいので

ポイント

  • 襟足は短め
  • 後頭部のボリュームは少し重め

ぺたっとして絶壁のままだと意味がないのでカットで後頭部に重みが出るようにカットしてもらいましょう

絶壁×細毛の注意点

  • ペタンコに見える
  • 頭の形がわかりやすい

 

絶壁補正×直毛

パーマで柔らかく

絶壁絶壁×直毛でお悩みの方は襟足の長さが肝心。

短くしすぎるとフォルムがまんまるになるので、絶壁をキレイにカバーできるとは言えません。

ポイント

  • 襟足は長めの方がメリハリが出やすい
  • パーマで毛先の柔らかさを

直毛でお悩みの方には毛先を柔らかくするパーマがオススメです!毛先が曲がると髪の収まりも良くなり、後頭部のボリュームも出しやすくなります。

襟足がピンピンしているのも解消できるのでパーマも考えてみては?

注意点

  • 丸みが出にくい
  • 毛先がピンピンしてしまう

 

絶壁補正×クセ毛

部分的なストレートもおすすめです

絶壁補正×クセ毛でお悩みの方は多毛の方同様、長さに注意が必要。

そして一部分だけストレートにするポイントストレートもオススメです!

ポイント

  • 長さは顎が隠れる長さがオススメ
  • ポイントストレートでクセを解決!

全体にストレートをする場合は毛先が真っ直ぐになりすぎないように注意が必要。

短くしすぎると、髪が横に広がって短く感じてしまうのでクセを見てもらいながらカットしてもらいましょう。

注意点

  • クセで広がりすぎてしまう
  • イメージより短くならないように

 

絶壁を補正するときに注意すること

注意点

ショートボブで絶壁を補正するときに気をつけるべき2つのポイントがあるので解説いたします。

これをされてしまうとせっかく勇気を出してショートボブにしたのに「あれ?絶壁のままじゃん、、」となることも。

 

量の減らしすぎはNG

髪の量が気になるからと言って減らしすぎ(梳きすぎ)は絶対NGです!

髪がスカスカになってしまうとフォルムがキレイに出なくなり、絶壁を補正するためのボリュームやふんわり感が無くなってしまいます。

美容師さんと相談しながら自分で扱える量感とキレイに見えるバランスで調整してもらいましょう!

 

レザーカットも危険かも

毛先が先細りになるレザーカットも少し危険かも?

全体がふわっとしてボリュームが出やすくなる分、毛先のまとまりが悪くなるかもしれません。

ヘアスタイルの持ちが悪くなり、結果としてすぐペタンコな絶壁頭に戻る可能性も、、

ハサミで丁寧にカットする方がヘアスタイルの持ちは必ず良くなります!

 

絶壁が補正できるショートヘア5選

では実際に絶壁が気になるあなたにオススメするショートヘアを紹介します!

長めから短めまでオススメはたくさんありますので、ぜひ参考にしてください!

 

ゆとりのあるショートボブ

[smartslider3 slider=3]

ボブベースの長さは残したまま後頭部の丸みを出したショートボブ。

ショートが初めての方や、ボブの長さキープしたまま絶壁を解消したい方におすすめですね!

おすすめポイント

  • ボブでも絶壁解消できる
  • 上品なフォルムになる

 

キレイな前下がりショートボブ

[smartslider3 slider=4]

頭の形がとてもキレイに見える前下がりのショートボブ。

後頭部のボリュームがしっかりと出るので、絶壁頭を解消するにはぴったりのショートボブです!

簡単なハンドブローでキレイにこの形になるので、スタイリングが苦手な方にもおすすめです。

おすすめポイント

  • 絶壁さんにはぴったりのショートボブ
  • ボリュームが簡単に出る
  • セットも簡単

 

優しいフォルムのショートボブ

[smartslider3 slider=6]

全体に丸みを帯びたショートボブで優しい印象になります。

絶壁を解消するように後頭部にも丸みを帯びてるのでキレイで上品な印象を与えることもできます。

初めての”短めショートボブ”にはおすすめです!

おすすめポイント

  • 丸いフォルムで優しく
  • ワックスやバームで軽さも出しやすい

 

丸みショートボブ

[smartslider3 slider=5]

アゴラインの長さのショートボブ。

低めのウエイト(ボリューム)でも絶壁をカバーしながらキレイなフォルムを作っています。

前髪も長めでかっこいい印象にしたい方におすすめです!

おすすめポイント

  • 前髪が長めの雰囲気にしたい方
  • 少し落ち着いたショートボブ

 

トップふんわりショートボブ

[smartslider3 slider=7]

短めなショートボブですが、トップもふんわりしやすく【ペタンコ】にもお悩みの方にもおすすめのヘアスタイルです!

後頭部の丸みもキレイに出るので簡単なスタイリングですぐに再現できます!

おすすめポイント

  • 短めのショートボブがいい方
  • トップがふんわりしやすい

ショートヘアで絶壁を補正しよう!!

ショートヘアはあなたの“絶壁”を補正してキレイな頭に見せてくれるはず!!

自分に似合うショートヘアにして友人や職場に人、大切なパートナーに「頭の形キレイだね!!」と言われてみたくありませんか??

 

銀座でこれまで数多く、骨格補正のプロとして【骨格】で悩んでいた女性を素敵なボブやショートヘアにしてきた石坂にはあなたをキレイにする自信があります。

 

あなたに似合うショートヘアは必ずあります!

石坂 ゆうと
まずはお気軽にご相談ください!

 

© 2020 [銀座]ショートカットが上手なマンツーマン美容院 | FABLE GINZA