FABLE GINZA 石坂ゆうと です。

 

石坂 ゆうと
みなさん初めましてFABLE GINZA 石坂ゆうと です。

今このページをご覧のあなたは、何かしらの検索をしてどこからかこのページに辿り着いたはず。

そして「FABLE GINZA?」「マンツーマン美容師?」「ショート・ボブ特化美容院?」「石坂ゆうとって誰?」とか色々疑問があると思います。

なので、簡単ではありますが自己紹介をしようと思います。

 

「髪を切ってもらう」って人生で必ず必要なことですよね。

髪って勝手に伸びてくるし、自分ではうまく切れないし。

だから美容師さんにカットやカラーのお願いをするはず。

 

でも自分の大切な髪をお願いする美容師さんって誰でもいいんでしょうか?

少なからず、話しやすい・カットが上手い・空気感が過ごしやすい・何も話さなくてもいい、などお願いしている理由がありますよね。

結局、技術やサービス、店舗設備も大切ですが、「誰に」やってもらうのかってとても大切だと感じております。

でもいきなり見ず知らずの美容師にお願いするのも不安だし、簡単なプロフィールだけだとまだ足りない、、。

ここからは僕のお話をさせていただきますので、僕が「どんな人なのか」知っていただければ幸いです。

簡単に目を通していただけると嬉しいです。

 

大阪生まれ大阪育ち

生まれは大阪。専門学校を卒業するまではずっと大阪にいました。

一発ギャグとかはできないタイプの大阪人です。笑

ツッコミは得意ですよ。

 

高校2年生の冬頃、進路に迷っていた頃に、友人の通っている美容院に行きました。(この時、初・美容院でした)

この時の気持ちは今でも鮮明に覚えています。

「美容師ってこんなに人を幸せにできるんだ」と。

当時聴いていた、Mr.Childrenの「彩り」「僕のした単純作業がこの世界を回り回ってまだ出会ったこともない人の笑い声を作っていく」という一説にもリンクし、素晴らしい仕事だと感じました。

 

「髪を通じて、人を幸せにしたい」という思いから、美容師になりたいと思い大阪の専門学校に入学。

父からの助言もあり、東京への就職を決めました。(この頃、東京の存在なんて全然知らなかった。笑)

 

PEEK-A-BOO へ入社

「人に喜んでもらえる技術が必要だ」という考えから、日本のカット技術のパイオニアサロンのPEEK-A-BOOに入社。

初めての一人暮らしだということもあり、慣れない生活のスタート。

 

最初は表参道の店舗に配属になり、半年後に池袋店のオープニングスタッフとして移動。

朝から晩まで練習漬けでサロンワークも怒られながら成長していきました。

3年半経った頃、アシスタントを経てスタイリストになるため、代表のいる青山店で3ヶ月勤務。

そして念願かなって、池袋店でスタイリストとして正式にデビュー。

その約半年後に表参道店へ移動となりました。

 

講師活動も含め順調のはずが、、

韓国での講習にも参加

スタイリストになって2、3年経過したころから、他サロン様の美容師さんにカットを教える講師活動も始まり、美容師としての楽しみも増えてきました。

そしてサロンでもお客様も徐々に増え、「美容師って本当にいい仕事だなー」と実感していました。

 

ですがこの辺りから少しずつ自分の中にモヤモヤが溜まってきてしまいます。

 

予約したのに待たされる、、、

この頃から、営業中忙しいという理由で「お客様を待たせる」ことが増えてきていました。

そして講師活動をしていたこともあり、サロンに出勤する日には混雑し、お客様を待たせては残念な思いをさせてしまったり。

 

僕自身そんなに器用ではないので、同時に3人4人とお客様をかけもちして施術すると、大丈夫かな、、と心配になって目の前の仕事に集中できませんでした。

そんな日が続き、せっかく僕のことを指名して来てくれるのに、カットだけして他は全てアシスタント。

本当にこれでいいのか?と思うように。

 

お客様の時間を大切にしたい。

そんな思いからPEEK-A-BOOを退社。

これからは「自分の時間をもっと大切にする時代がくる」と思い、自らの環境を変える決意。

大阪から上京して丸8年。とても充実し、これからの美容師人生の根幹になる経験をたくさんさせていただきました。

本当に悩みに悩んだ決断でした。

尊敬する先輩もたくさんいて、近くに目標となる人たちがあんなにいるサロンは他にはないでしょう。

ですがここにいると甘えてしまうと思い、この選択に。

 

この時、「Lucky Kilimanjaro」の「Do Do Do」という曲にかなり背中を押されましたね。

ぜひよければ聴いてみてください。

結局、どうなりたいかは自分で決めないといけないんです。

 

今では僕もお客様も心から満足していただけるように。

2020.3 に退社し、一人の美容師として独立。

表参道から銀座へと拠点を移し、新しい美容師人生がスタートしました。

今では「本当にこれでいいのかな、、?」と思っていたこともクリアになり、お客様からも素直に喜んでいただいている実感をしています。

拠点を移したこともあり、多くのお客様と別れを告げることにはなりましたが、こうしてホームページを通じて新しい出会いもたくさんあります。

 

ショート・ボブが上手いマンツーマン美容師に。

こうして自分が「このままでいいのかな?」と思っていたことがクリアになったのも、「マンツーマン美容師」になったから。

現在はSALOWINというシェアサロンサービスを契約し「FABLE GINZA」として活動しています。

 

その中で、これまでの経験を生かし「上質なショート・ボブを提案したい」と思いました。

ショートやボブにしたい方、したけど悩みが絶えない方、そんなお客様にこれまでにないサービスを、サロンでの体験をして欲しいと感じました。

特に「30分の初回カウンセリング」に関しては今までの環境だと、できなかったサービスになります。

 

ショートやボブはカットが難しいと思われがちですが、実は「カウンセリング」こそが一番大切なのです。

そして、マンツーマンでお客様をかけもちすることもないので、焦る心配もなく目の前のお客様に集中できます。

丁寧なカウンセリングと丁寧なカットを行うことで「本当に似合う上質なショート・ボブ」を提案できるように。

その結果、お客様の時間を大切にすることができ、お客様も本当に価値を感じてご来店いただいております。

そして僕自身もお客様の表情や髪、話を聞いたり、常にマンツーマンでサポートしているので、今までよりも髪への理解が深まりました。

 

上質なヘアスタイルは人生を変えるはず

最近ではそんな風に思うようになりました。

髪は印象の8割を決めると言われています。

 

ぜひあなたのなりたい女性像、髪の悩み、印象などなんでもお聞かせください。

話が尽きるまでお話を伺います。

そしてFABLE GINZAの特別なサービスで、あなたが今よりももっと素敵に見えるヘアスタイルにすることをお約束いたします。

髪を通じ、もっとたくさんの人が幸せになれるように。

 

特別なショートヘアをあなたに。

お気軽にご相談ください!!

\ LINEで無料相談! /

お友だち追加する

登録解除も簡単にできます!!

 

 

© 2021 銀座でカットが上手い美容院 ショート・ボブ特化サロン FABLE GINZA